素晴らしい結婚式にするためにも前撮りで素敵な写真を残そう

SITEMAP

Wedding Photo

独りでウェディングフォト

ティアラをしている女性

最近は、独りでもウェディングフォトを撮ることができるんです。驚きですね。
もちろん、一緒に映る相手がいないから、厳密な意味でのウェディングフォトではありません。でも、とにかく、相手がいなくても、女性がウェディングドレスを着てチャペルで写真を撮れるらしいのです。もちろん、結構な額のお金がかかるようで、撮るのはたいてい「結婚はしない」と心に決めている、仕事優先派のエリートOLの様子。せめてウェディングドレスを着た写真だけでも、と親が出してくれる場合もあるそうです。
最近は、同性同士でも結婚式を挙げさせてくれる神社が出てきたり、結婚を巡る状況が多様化しています。そのなかで、「結婚しない」という選択も、一つの選択としてそ尊重しようということなのでしょうか。
ちなみに、付き合っている人がいたこともなく、恋愛の気配がカケラもない私は、もしも結婚しなくても、20代のうちにウェディングフォトを撮ってくれ、ウェディングドレス姿を見せてくれ、と友達に言われています。それは30過ぎて結婚したら撮り直さないといけないけど、と言いたいところですが、世の中の若い女の人がみんなウェディングドレスに憧れているのは確かなわけで、これはそういった需要に合致しているのかなと思いました。

Recent Entry

Choices Post

ウェディングドレスを着ている女性

2016/07/15

結婚式の前撮り写真は準備万端で望みたい

先日結婚式を終えたのですが、その前に大体の方はされるのではないでしょうか「前撮り」についてです。主人は髪だけ前日にカットしてもらっていたのですが、女性はそうもいきません。私の場合は前日にカットの他に、前撮り前に二回エステサロンに通いました。街の情報誌やインターネットなどでクーポンがついている場…

TOP